スタッフブログ

HOME > Staff blog > Hello! 多久 > 【文教の里プロモーション第7弾 学びの里講演会】

Staff blogスタッフブログ

【文教の里プロモーション第7弾 学びの里講演会】

2019年02月04日

多久市からのお知らせコーナー「市役所ナビ」!

今回は、今月2月23日土曜日、多久市中央公民館大ホールで行われる、

第7弾「多久学びの里講演会」をピックアップしました!

この「多久学びの里講演会」は2015年から多久市で取り組まれている

多久学びの里プロジェクト」の一環で行われているものなんですよね!

っということで先日、このプロジェクトと講演会について、詳しいお話を

多久市役所 情報課 川副蓮実さんへ伺いました!

 

〇多久学びの里プロジェクトとは??

川副さん

佐賀県多久市は孔子の里として、

江戸の昔より様々な「学び」や「教育」を先進的に行ってきた地域でした。

300年後の今、この「学びの里」とも言える多久市で、

21世紀の新たな「学びのスタイル」を発信しようというのが、

「多久 学びの里プロジェクト」です。

このプロジェクトでは、今の時代にマッチした講師の方や先進者を招き、

なかなか佐賀県で聴くことのできない個性的な「講演会」を開催するほか、

「学び」をテーマにした「プロモーションビデオ」を作成しました。

また今後、地域の文化教室や教育活動も、行政がバックアップすることで、

県内外の人たちが多久に注目し、「多久に住んでみたい」「多久に行きたい」

というような気持ちを喚起させることで定住促進にも役立てるようにします。

 

新たな切り口のプロモーションビデオ、個性的な講演会の開催!というのが、

このプロジェクトの2本柱だということですが、その柱の一つ「学びの里講演会」。

これまでに歴史研究家の井沢元彦さんや実業家の堀江貴文さん、

数学者のピーター・フランクルさんに脳科学で有名な茂木健一郎さん、

そして、論語の第一人者 安岡定子さん、

また「ほんまでっかTV」などのメディアでお馴染み、

脳科学評論家の澤口俊之先生をお招きし、お客様の満足度も高く大変大好評でした。

 

そして今回はテレビやラジオで司会者、コメンテーターとして大活躍するほか、

知性派タレントとしてクイズ番組やバラエティ番組への出演機械も多い、

「麻木久仁子」さんをお招きし、

心も体もしあわせになる暮らし方」というテーマで講演を予定されています!

学びの里講演会 麻木 久仁子 氏 チラシ

麻木久仁子さんプロフィール

〇1962 年11月12日、東京都生まれ、学習院大学法学部中退。

テレビ、ラジオ番組で司会者、コメンテーターとして活躍する他、

知性派タレントとして各クイズ番組を中心に バラエティ番組への出演機会も多い。

読書家としても知られ、おすすめ本を紹介するサイト「HONZ」や、

産経新聞では書評を担当するなど、その活動は多岐に渡っている。

また、2010 年暮れに脳梗塞を発症。さらに 2012 年10月、11月には、

両胸に発症した初期の乳がんの手術を受けた経験から、講演会や情報番組で、

検診の大切さや経験したことを伝えている。

2018年9月14日に薬膳レシピ本「生命力を足すレシピ」(文響社)を発売。

 

 

今回の講演会では、麻木さんご自身が経験された病気のお話や検診を受ける大切さなど、

女性ならではの視点で「心も体も幸せになる暮らし方」について

たっぷりとお話をしていただく内容となっていますね!

 

さっ!今回は麻木久仁子さんをお招きする

「第7回学びの里講演会」!

改めて開催日時は、今月2月23日、土曜日。

会場は北多久町にある多久市中央公民館大ホール。

時間は午後1開場。1時半開演。

入場料はなんと!無料となっています!

ただし、事前の参加お申し込みが必要となりますので、

電話・ファックス・メールのいずれかで、

多久市役所 情報課へ住所・氏名・参加人数をお知らせください。

定員になり次第応募締め切りとなりますので、お早目のご応募をお願いします!

お申込み、お問い合わせは、「多久市」のHPをご覧ください! 

 

参加無料(事前に申し込みが必要)

・お申し込み:情報課 広報広聴係 事前の申し込みが必要です。

電話 0952-75-2280

FAX 0952-75-2110

e-mail koho@city.taku.lg.jp

のいずれかから代表者の氏名、住所、人数、連絡先を添えて申し込みください。

 

江戸の昔より様々な「学び」や「教育」を先進的に行ってきた多久で、

ぜひ!あなたも21世紀の新たな「学びのスタイル」を発見されてみてはいかがでしょうか?