スタッフブログ

HOME > Staff blog > Hello! 多久 > 【衣食ストアー野田屋】

Staff blogスタッフブログ

【衣食ストアー野田屋】

2019年01月21日

さて、今回ご紹介したお店は、

去年11月8日にに東多久町にリニューアルオープンし、

地域密着型で今、話題のお店

衣食ストアー野田屋」!!

IMG_4915.jpg

外壁は白と黒を基調とし、清潔感があって綺麗でした!

駐車場も整備され停めやすいーー!

IMG_4918.jpg

さて、お話を伺ったのは、野田屋3代目社長の野田浩士さん

IMG_4935.jpg

真ん中に写っているお美しい女性は野田社長の奥様・麻由子さん。

「野田屋」は野田さんご夫婦、浩士さんのお姉様・真由美さん、

そしてお母様の千佐子さんの家族4人と従業員の皆さんで営んでいらっしゃいます!

 

「野田屋」の始まりは昭和5年。元々は「呉服屋」として創業、

昭和38年に「スーパー」に業態転換されました!

かつては季節商品も並び豊富な品ぞろえで「東多久の玉屋」と呼ばれていたそうです!

しかし一時は、浩士さんのご両親のご病気により、やむなくお店を閉められ、

卸業者として市内の学校や保育園の給食センターに

お魚やお肉を納入されていた3代目社長の浩士さん。

しかし、地域の皆様のお店再開の声に応え、

去年の11月に全面改装して新しく生まれ変わりました!

創業およそ90年、地域密着型の総合スーパー「衣食ストアー野田屋」!

 

 

60平方メートルの小さな店内の黒板には

必要な分だけ。それだけでいいんです。」と

IMG_4922.jpg

手書きで、こう記されていました。

 

野田屋がある地域は人口減少や核家族化が進み、高齢者だけの世帯も多いんです。

購入した食材を使い切れず、やむなく処分したというお客様の声をきっかけに、

野菜や果物のバラ売りに加え、お米や調味料を小さな容器に移して販売されているそうです。

また「私のもうひとつのキッチン」と称した調理場では、

お客様の注文に応じて、その場で購入した食材を切ったり、

炒めたり、煮込んだりしてくれるみたいです!

さらに、共働き世帯に人気のお惣菜は、

IMG_4928.jpg

ためらいなく子供に食べさせることができるように」と

保存料、添加物は一切使われていないんです!

高齢者や共働き世帯の要望を受けメイン惣菜約30種類

お惣菜も高いものでも100gあたり250円と、

とにかく地域の皆さんに寄り添ったハートフルなお店なんです。

他にも生鮮品、日用品、お菓子から衣類までと幅広く品ぞろえされています!

IMG_4929.jpg

まさに総合スーパーですね!

IMG_4930.jpg

 

さて、そんな地域の皆様に愛され続けて90年!

「衣食ストアー野田屋」の営業時間なんですが、

午前10時から午後6時半まで。定休日は毎週日曜日と祝日です!

場所は、東多久駅から徒歩およそ7分のところにあります!

お問い合わせ先は「衣食ストアー野田屋」

電話0952‐76‐2502までお願いします!

また、野田屋のブログもありますから良かったらぜひチェックしてくださいね!

IMG_4921.jpg

 

取材に伺った日、

野田さんご夫婦から「からあげ」と「エビマヨ」「ほうれん草の胡麻和え」、

「高菜の油炒め」をお土産で頂いたんですが、

IMG_4936.jpg

シンプルに美味しかったですね!

家庭的でどこか懐かしく絶妙な味付け、どれも僕はど真ん中で大好きでしたね!

ご飯がとにかくすすみます!ぜひ!皆さんも野田屋のお惣菜、お弁当をご堪能ください!

故郷で地域の皆様に寄り添うお店「野田屋」。これからの展開が楽しみですね!

IMG_4924.jpgのサムネイル画像