スタッフブログ

HOME > Staff blog > Hello! 多久 > ✾明治維新150年記念事業 特別企画展 志田林三郎✾

Staff blogスタッフブログ

✾明治維新150年記念事業 特別企画展 志田林三郎✾

2018年12月17日

はろはろん♬

今日もラジオをお聴きくださり

ありがとうございます♡

みなさんは週末いかがお過ごしできたか??

私しおりんは、先週お話ししていた

「多久聖廟年末年始イルミネーション」の

点灯式の司会に行っていましたよ♬

リスナーさんにもお会いできて

すごく嬉しかったです♡

ありがとうございました♡♡♡

 

さて!今日ご紹介するのは…

昨日から多久市郷土資料館で始まった

明治維新150年記念事業 特別企画展 志田林三郎

幕末維新を駆け、未来を予見した若き電気工学者 志田林三郎とは

どんな人物なのか、どんな偉業を成し遂げられたのか…

そして今回の企画展の内容とは!!!

 

まず…志田林三郎さんとは

幕末維新の時代を生きた

日本の物理学者・電気工学者

佐賀県多久市(当時佐賀藩)生まれ

工学博士、電気学会創設者

 

幼い頃からとてもとても頭が良くて

特に算数が得意だったそうです。

 

算数が得意だったしだ志田林三郎さん

お饅頭屋さんだったお母さんのお手伝いで

おまんじゅうを売りをされるのですが

暗算での計算はもちろん

一度にたくさんの方が購入されても

誰がどれだけのおまんじゅうを買っていくらか!!

ということをズバリあてて当てていたそうです(*○△○*)

 

幼年期から頭脳明晰で神童と称され、

東原庠舎に学び藩費で東京留学

東京工学寮で電信学を修め

英国グラスゴー大学に留学し

最優秀論文賞を受賞するなど首席で卒業されました。

帰国後、工部大学教授(現在の東京大学工学部)逓信省工務局次長を務められ、

第一号の工学博士号を授与されます。

電気工学の未来技術を的確に予測されて、次々に実現しているそうですよ!

 

例えば…今皆さんが使っている携帯電話やスマホ

いつも聴いていただいているラジオなどができる!!

ということを、およそ150年前に予見されていたんです!!

 

ちなみに…志田林三郎さんは

こんなお顔の方です♡

DSC_0301.jpg

ダンディなお方ですね(*´`*)

36歳という若さでお亡くなりになられた志田林三郎さん

もっと長生きされていたら

今の電気通信技術は

もっと発達していたかもしれませんね。

 

今回の企画展では…

志田林三郎の生涯

電気通信の歴史

現代の志田林三郎をテーマとした3部構成の企画展となっています。

また、展示されている資料は、およそ30を超える内容で

これから資料も増えて行く予定ということでしたので

期間を通して楽しめる内容となっています。

 

明治維新150年記念事業 特別企画展 志田林三郎

開催期間:昨日から始まっていまして、来年1月31日木曜日まで

開館時間:午前9時~午後4時まで

休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日の火曜日)

※年末年始の休館日は、12月29日土曜日からお正月三が日までとなっています。

場所:多久市郷土資料館

入場:無料

お申込み・お問い合わせは、多久市郷土資料館

電話0952-75-3002までお願いします。

 

また、来年1月20日(日)には、

会場となる多久市郷土資料館で

小学生向けのワークショップも開催されます!!

ワークショップ当日は、

「着るだけで人の動きが認識できる~ウェアラブルセンサ~」と題し

東京大学の講師横田知之(よこたともゆき)さんをお招きして、

世界で最も薄い電子回路を使った実験を

間近に体験できるそうです!!

参加料:無料

参加には事前のお申込みが必要です。

お申込みは、多久市郷土資料館 電話0952-75-3002まで

詳しい内容は、ハロタク番組でも追ってご紹介しますのでお聴き逃しなく♬

 

もうすぐクリスマス♡

来週はハロタクからクリスマスプレゼントも

ご用意していますのでお聴き逃しなくね♬

 

ここまでのお相手はしおりんこと高塚しおりでした❤

そいぎんた!また来週~♡