スタッフブログ

HOME > Staff blog > Hello! 多久 > 【第24回創作・ひな人形展~ほほえみとやすらぎの風~】

Staff blogスタッフブログ

【第24回創作・ひな人形展~ほほえみとやすらぎの風~】

2018年02月19日

極上の瞬間」。

このコーナーでは、多久を舞台に日々奮闘、ご活躍されている方々の

人物像にスポットを当ててお届けしています!

さて今回ご紹介した方は、

多久町にある人形の家 聖心房 人形師の倉富博美さんです!

IMG_2481.jpg

 

現在67歳の倉富さんは、佐賀県内の高校を卒業された後、

サラリーマンをされていましたが、「このままでいいのか?」と自問自答し、

小さいころからの夢、「モノ」を作る仕事がしたいと思い立ち、

二十歳くらいの頃に5年間の博多人形の修行に出られます。

その後、昭和51年に多久のご実家へ戻り、

人形の家 聖心房」の工房を構えられ、

IMG_9745.jpg

これまでに多久の伝統に題材をとった人形から、

丸みを帯びたフォルムで心和む人形や、日々の感謝の気持ちや自作詩を墨書きした

タペストリーやポストカードなど、多数の作品を手掛けていらっしゃいます。

IMG_2478.jpg

倉富さんは毎年この時期になると「創作・ひな人形展」を開かれていらっしゃいます!

っということで、いよいよ来週の火曜日27日から開催のひな人形展について、

先日、倉富さんにイベントを始められたキッカケや展示内容など詳しく伺いました。

インタビュー当日は、いくつか作品を拝見させて頂いたんですが、

柔らかな笑みを浮かべ、優しいまなざしで見つめる人形たちがたくさん並び、

IMG_2470.jpg

その中には、今年の干支の犬や聖心房が多久聖廟の近くということで

釈祭をイメージして作られた人形、

IMG_9730.jpg

そして特に印象的だったのがお地蔵さんをモチーフにした人形!

IMG_9725.jpg

これは倉富さんが仏教系の高校へ行き、そこで仏教と出会い、お釈迦様の人生と出会い、

感銘を受けられ、不思議と仏教に関する作品が生まれてきた!ということです。

10年以上前から毎年、お地蔵さん展も開いていらっしゃいますよーー!

 

そして今回の「ひな人形展」には、桜や梅など華やかな柄や、

真珠(しんじゅ)(いろ)の顔料を使ったひな人形が、ギャラリーに所狭(ところせま)しと並んでいます。

IMG_9733.jpg

大きさも数㌢から20センチほどまでと大小さまざま。

特にドレスとタキシード姿のひな人形にも注目して頂きたいですね!

IMG_9718.jpg

倉富さんの多芸ぶりがうかがえますよ~!

 

そして、倉富さんの作品が出来上がるまでの

制作手順を今回は特別に教えて頂きました!

①構想をねる

②原型製作・・・・土で人形のげ原型を作ります。

*土は福岡県から仕入れていらっしゃるそうです。

③石膏型取り・・・原型に石膏をかけて形を作ります。

④生地作り・・・・石膏型が乾燥したら型に土をつめて生地の制作をします。

⑤焼成・・・・・生地を乾燥させ、窯で950度で焼き上げます。

⑥絵付け・・・・様々な絵の具や用具によって模様などを描き、仕上げます。

 

土鈴作りは上記の過程で行われます。

手びねりの作品は、その言葉の通り、土を手の平で捏ねながら型を整えて制作されます。

板作りは、折り紙にヒントを得たそうです。

土を板のようにのば伸ばしたり曲げたり丸めたりしながら制作されます。

IMG_2472.jpg

型物については、時々お客様から

どこから買ってくるんですか?

と尋ねられるそうなんですが、

倉富さんは全工程を一人で行っていらっしゃいます!

型も自分で創る!ということです!

すべて「手作り」にこだわる倉富さん。

この世に一つだけの作品。

作品の型、色、音・・・などなど

じっくりお楽しみください!

 

さて!そんな倉富さんが心を込めて送る、今回で最終回の

第24回創作・ひな人形展~ほほえみとやすらぎの風」の開催日時!

期間は来週、2月27日火曜日から来月3月4日日曜日までの6日間!

時間は午前10時から午後6時まで!入場は無料!!

会場は多久町にある「人形の家 聖心房」!

多久聖廟から北へおよそ350メートルほどの所にあります!

会場周辺に期間中、案内看板を設置されるそうですので、

ぜひそちらを目印にお出かけください!

創作ひな人形展に関する詳しいお問い合わせは、

人形の家 聖心房 電話0952-75-6432までお願いします!

 

今回お話を伺って倉富さんの作品を見たり、

倉富さんとお話をしていると、すごくホッとしました。

ぜひ、皆さんも、こころやすらぐ、ほほえみのひとときを過ごされてみてはいかがでしょうか?

可愛らしい人形たちがお出迎えしてくれますよ!

IMG_2471.jpg

 

さて。倉富さんは人形師の道を歩まれて間もなく50年を迎えようとされています!

ひとつの道を極め続けるっていうことは、僕なんかにはとても想像できないような葛藤や

苦労などがあったかと思います!

それでは最後に、倉富さんにお聞きしました!

人形を作る中で、倉富さんが感じる「極上の瞬間」とは?

 

倉富さん

まだ極めてないんないんですね。(笑)

極める為に頑張っていきたいですね!

とにかく、依頼された作品が出来て、それをお客様に見て頂いて、

お客様が物凄く喜んで頂いた時っというのは、私自身も物凄く嬉しいですね。

やっぱりそれが次に繋がるエネルギーになるような気がします。

IMG_9739.jpg