スタッフブログ

HOME > Staff blog > Hello! 多久 > 【Rijchary・チャリティーコンサート2017】

Staff blogスタッフブログ

【Rijchary・チャリティーコンサート2017】

2017年09月04日

昨年の11月に多久市中央公民館で開催され、

大変大好評だったイベント

Rijchary・チャリティーコンサート」!

 

このイベントが、

リチャリーの皆さんが、

また多久へ帰ってこられます!!!

 

っといこうとで先日、「リチャリー・チャリティーコンサート」について

詳しいお話をイベント主催者の

佐賀ユネスコ協会 事務局長 川原田知章さんへ伺いました!

IMG_1465.jpg

日本の裏側、南米ペルーから多久へやってこられます!

リチャリー」の皆さん!

ダウンロード (36).jpg

Rijchary(リチャリー)は2010年に結成され、

主にペルーの観光都市クスコやウルバンバで

活動を続けている4人編成のバンドです。

アンデス音楽フォルクローレのみならず、

クリオージャやサルサなども融合させた

オリジナリティの高い演奏を得意とされています。

歴史と共に発展してきたペルー全域の音楽を演奏することができる、

ペルー国内でも稀有な存在で、

伝統的な音楽にリチャリーのオリジナリティを融合させ、

独特の世界を造り出していらっしゃるんですね~。

主に使用される楽器は、

弦楽器のロンロコ、チャランゴ、管楽器のケーナ、サンポ―ニャ、

パーカッションのカホン、ボンゴ、コンガ、

などなど様々な楽器を駆使して幻想的な民俗音楽の空間を作り出されます!

ぜひ!多くの方に多久で南米ペルーを感じて欲しいですね~!

 

そして!これは僕もタイムリーで見ててびっくりしたのですが、

今年5月に全国放送されたTV番組の企画のなかで

各国代表のアーティストの皆さんが日本の歌を唄う

「のど自慢THE ワールド2017春」で

見事!リチャリーのみなさんがグランプリを獲得されました!

その時に演奏された曲が、

昨年の11月にも多久でのコンサートで披露されました

美空ひばりさんの名曲「愛燦燦」

 

これは昨年、僕も多久でのコンサートの時に生で聴いたのですが、

泣けました。

リチャリーの皆さんの南米の楽器で奏でる音色に

どこか切なさを感じる歌声。

本当にグッときました。

 

イベント当日はリチャリーの皆さんの音楽に触れ、世界を感じてほしいですし、

さらに今回もチャリティーコンサートということで、

収益金の一部をペルーとカンボジアの子供たちの支援に充てられます!

みなさんが会場へ足を運ぶこと自体が世界への支援の輪に繋がります!

ぜひ!多くの方へ足を運んで頂きたいです!

 

 

さっ!そんなリチャリーの皆さんが登場される

「Rijchary・チャリティーコンサート」の

開催日時なんですが、

今週末8日金曜日、時間は午後6時半開場、午後7時開演!

場所は、北多久町にある多久市中央公民館大ホール!

 

入場料は前売りチケット1000円、当日チケット1500円となっています!

ともに園児は無料です!

チケットのご予約などの問い合わせは、

佐賀ユネスコ協会 事務局長 川原田知章さんの勤務先、青い鳥保育園まで。 

電話 0952-74-4077までお願いします!

 

グループ名の「Rijchary(リチャリー)」は、

ペルー公用語のひとつケチュア語で「目覚めさせる」という意味。

ペルー音楽にふれて あなたは何に目覚めますか?

ぜひ!あなたも今週末は多久で、

南米ペルーの幻想的な民族音楽を聴いて、素敵なひと時をシェアしてみませんか?

IMG_1467.jpg