スタッフブログ

HOME > Staff blog > Hello! 多久 > 没後150年記念!!しおりん草場佩川を学ぶ✐

Staff blogスタッフブログ

没後150年記念!!しおりん草場佩川を学ぶ✐

2017年08月21日

 

はろはろん♬

今日もラジオをお聴きくださりありがとうございます(*^^*)

今日は曇り空ですね…

午後は雨が降るかも!!ということで

しおりんは愛車に傘を積んだままで

雨が降らないかひやひやしてます☂

 

さて今回は歴史のお勉強です!!

数多くおられる多久の偉人の中から

没後150年を迎えられる「草場佩川」をピックアップ!!!

 

今回は特別に

「草場佩川の会」のみなさんにお話し伺うことができました!!!

st1218.jpg

お写真左から:松尾久一さん・桑原峰俊さん・尾形恵子さん

 

草場佩川とは…

天明7年1月7日(1787年2月24日) – 慶応3年10月29日(1867年11月24日)

★江戸時代後期の儒学者。

佐賀藩多久領出身で、江戸で古賀精里に学び、佐賀藩藩校弘道館教授を務められました。

漢詩人として知られ、文人画にも優れていらっしゃいました✍

 

【人物】

漢詩・画に優れた人物

また、清音(中国語)に通じ、武芸にも秀でていたそうです。

著作として『津島日記』、詩集に『珮川詩鈔』などがある。

自画像は残っていなくて、草場佩川さんのお顔はまだ分からないのだそうです(*´`*)

 

【生涯】

天明7年(1787年):肥前国多久町において、

          多久邑主(領主)である多久氏(佐賀藩重臣)の家臣、草場泰虎の次男として生まれる。

       8歳:多久の東原庠舎に入門。

       15歳:東原庠舎の「句読師補」(師に代って素読を教える役目)を務めた。

文化元年(1804年)18歳:邑主多久茂鄰(しげちか)の命によって佐賀藩校弘道館に入る。

文化7年(1810年)23歳:多久茂鄰に従って江戸に出、古賀精里に学んだ。

文化8年(1811年):古賀精里に同行して対馬で朝鮮通信使の迎接にあたる。

         朝鮮側の使節団と詩文を交わし、文名を挙げている。

         この時の対馬出張の記録として、画も交えた『津島日記』がある。

文化8年(1811年):帰郷、多久家の儒官となり東原庠舎に奉職。

天保5年(1834年):佐賀藩弘道館教諭となった。

          多久家・佐賀本藩の主君の教師となり、また藩士の教育にあたった。

          また政治にも参画、藩主鍋島直正(閑叟)の信任を受けた。

安政2年(1855年):昌平黌教授として招聘を受けるも、「老病」を理由として辞退。

安政6年(1859年):73歳で弘道館教授に就任。

         佩川が教諭・教授を務めた弘道館からは、大隈重信、副島種臣、大木喬任、江藤新平らが輩出した。

慶応3年(1867年):10月29日死去、享年81。草場船山は長男。墓所は多久市の大古場墓地にあります。

 

草場佩川について人物像や歩んでこられた経歴など

草場佩川の会のみなさんも現在資料などを解読中で

まだまだ分からないことがたくさんあるそうです(*´^`*)

 

今回は特別に、草場佩川が書いた「津島日記」と

インタビューにも出てきた「婆心帖ばしんちょう」のコピーを

見せていただきました★

st1219.jpg

「婆心帖」の中には、

そろばんが描かれた算数に関するページや

農機具の絵と使い方が書いてあるページ。

この他にも、蝶やハチ・桜などが

今で言う絵文字のように描かれた

かわいらしいページなどなど

見ているだけで楽しくなる✧

そんな内容になっていました✍

今回は資料も見せていただき、

改めて草場佩川が漢詩・絵画など

様々な面で優れていたことが分かりました!!

 

多久には草場佩川に関する石碑やお墓などが数多く残っています。

この機会に草場佩川が生きた証をたどってみられては

いかがでしょうか?

st1169.jpg

 

没後150年を迎えた草場佩川の作品は

多久町にあります多久市郷土資料館に展示されています。

そして、草場佩川について詳しく書かれた

「佐賀偉人伝 草場佩川」・「古文書()にみる多久の人々」の

2冊が販売されています✐

気になった方はお近くの書店にお問い合わせください。

IMG_1320.jpg

また草場佩川のことをくわしく知りたいという方は

草場佩川の会 桑原峰俊さんまでお問い合わせください✧

電話番号0952-75-6824真までお願いします。

 

没後150年を記念して

今後イベントも企画中ということでしたので

新しい情報は入り次第ハロタクの番組内でお知らせしますね☆

 

学生のみなさんは夏休みもあとちょっと!!

今週も元気いっぱいがんばりましょうね♬

ここまでのお相手はしおりんこと

高塚栞でした(○^×^○)

それではまた来週~ばいばーい♬