スタッフブログ

HOME > Staff blog > Hello! 多久 > 【多久二千年ハス】

Staff blogスタッフブログ

【多久二千年ハス】

2017年06月19日

さて、季節は6月も中旬を過ぎ、梅雨入りしているとはいえ、

なかなか雨が降りませんね~。

そんな中、多久ではこれから見ごろを迎えようとしているお花があります!

そのお花とは、

二千年の時を超えてロマンを感じる世界最古のハスの花、

二千年ハス」です!

IMG_1496.jpg 

この「二千年ハス」は、1951年に約2000年前の弥生時代の地層

(千葉県検見川遺跡)から

出土した「古代種」を2002年、聖光寺が譲り受け、

その年の8月に発芽に成功したものです。

毎年、艶やかなピンクの花が咲き誇り、来訪者を魅了します。

日野で頃から花が開き、お昼頃にはつぼむハスの花。

梅雨の合間の陽ざしを浴びて、より鮮やかさが増してきます。

 

っということで今日のハロタクは、

スタジオに「多久 二千年ハスを守る会」

代表の大川内義章さん(写真左)と冨永くにひささん(写真右)

お迎えして、二千年ハスについてたっぷりとお話を伺いました。

IMG_2457.jpg

 

この二千年ハスの栽培・管理、また、ハス池の整備などをされていらっしゃるのは、

聖光寺住職 野中寛應さんと「多久 二千年ハスを守る会」のおよそ15名のみなさん。

実は先日、実際にハス池まで伺い、大川内さんと冨永さんへお話を伺ったのですが、

もうすでに5センチくらいのつぼみを付けたハスがちらほらと確認できました!

IMG_2440.jpg

そして見事に開花しているのを1輪確認できましたーーー!

IMG_2446.jpg

感動したー!!

 

今年は気候の関係で例年より少し遅い、と大川内さんはおっしゃっていました!

つぼみから開花するまではおよそ2週間かかり、

開花からだいたい3日間くらいで花が散るということですので、

その過程を楽しむのもおススメですね!二千年ハスの見ごろは7月上旬まで。

IMG_2456.jpg

 

そしてもう一種類のハスの花!

「舞妃蓮」は6月末から8月のお盆前ごろまで見頃だそうです。

二千年ハスまいひれん.jpg

二千年ハスも舞妃蓮も早朝からお昼前まで花が開いていますので、

その時間帯を狙ってお出かけくださいね。

IMG_2455.jpg

 

今回、大川内さんと冨永さんには二千年ハスの特徴や育て方、

舞妃蓮の由来などボリュームたっぷりに

お話をして頂きましたが、二千年ハスについてもっと詳しく知りたい!という方に朗報です!

 

来月7月2日、日曜日に多久町の聖光寺 二千年ハス池そばの広場にて

「聖光寺 二千年ハス観察会」が開かれます!

【開催日時】平成29年7月2日(日)AM10:00~

【場所】佐賀県多久市多久町1848 聖光寺境内

※お問合せ・ご質問は下記までご連絡下さい

(多久二千年ハスを守る会または多久市観光協会へ)

【主催】多久二千年ハスを守る会

   (代表:大川内義章・TEL:080-4699-1289)

【協力】多久市観光協会(TEL:0952-74-2502)

 

 内容としましては、

多久市郷土資料館 前・館長の尾形善次郎さんによる

聖光寺や多久の歴史などについての講話や、

佐賀県立高志館高校の生徒の皆さんによる、二千年ハス育成・観察の報告会。

そして、「多久二千年ハスを守る会」代表の大川内さんによる

二千年ハスの特徴や育て方、舞妃蓮の由来などのお話もありますよ!

多久二千年ハスを守る会」のFBページで最新情報などもキャッチできますよ!

 

また観察会当日は、二千年ハスの種の販売も行われます!

ぜひ、この機会にハスの発芽や栽培のコツを知って

実際に育ててみるのはいかがでしょうか?

IMG_2435.jpg