スタッフブログ

HOME > Staff blog > Hello! 多久 > 【第5回九州まちづくり音楽祭】

Staff blogスタッフブログ

【第5回九州まちづくり音楽祭】

2016年11月28日

今回のハロタクは、今週末12月3日土曜日

多久市まちづくり交流センターあいぱれっとにて行われる

第5回九州まちづくり音楽祭」をピックアップしました!

0e8e54d54c5ef7eee9984a3b86599a0b.jpg

なんと!佐賀県では初の開催となります!

っということで先日、詳しいお話を、

第5回九州まちづくり音楽祭実行委員会の矢野さん(写真中央)と

鶴丸アズサさん(写真左)に伺ってきました!

*写真右は九州まちづくり音楽祭実行委員長の興梠逸郎(こうろきいつろう)さん。

IMG_1172.jpg

さて、今週末3日土曜日開催!「第5回九州まちづくり音楽祭」!

このイベントは国土交通省の九州地方整備局に働く

音楽愛好家の職員の皆さんによる手作りライブイベントなんですね!

だから、スタッフ、関係者、主演者のほとんどが九州地方整備局の職員のみなさん!

音楽を通じて、町を知り、人に触れ、交流を図り、地域に根ざしたイベントをと!

実行委員長の興梠さんのそんな思いからスタートしたイベントなんです!

もちろん興梠さんも九州地方整備局の職員の一人でいらっしゃいます!

 

過去の開催地は、

1回目、鹿児島県肝付町

2回目、福岡県うきは市

3回目、大分県臼杵市

4回目、熊本県山鹿市

そして5回目となる今回、佐賀県は多久市での開催となりました!

 

何故、佐賀県は多久市での開催になったのか?

それは、この九州まちづくり音楽祭の発起人、

実行委員長の興梠さんが現在多久市にお住まいという御縁で、

多久市での開催という運びになったそうです。

 

さっ!イベントの内容は、

九州各地から総勢22組のアーティストが集結し、

ロック、ポップス、ジャズ、アニソンから三線、

昭和歌謡まで様々なジャンルの音楽で、

飲んで歌って踊れる、まさに!大人の学園祭です!

 

気になる出演者はこちら!!

ハルレ(多久市)/The Long Deep Water’s(薩摩川内市)/

DO Folk(大分市)/The Kilburn Brats(福岡市)/

KawabataBAND(熊本市)/用地boyz(福岡市)/

Keybordアンサンブルズ(熊本市)/

TABASCO(肝属町)/菊池川音楽隊(山鹿市)/

Black Mist(うきは市)/YOSHIDA SONG IS GOOD(福島市)/

宮崎フェニックス(宮崎市)/THEOSTANDELS(臼杵市)/

TAKE-O(武雄市)/“SOIGINTA”サガンオールスターズ(佐賀市)/

占用ガールズ(久留米市)/島うむいの会(鳥栖市)/

BAND The AHB@(久留米市)/Tessy,Bb&Steve(武雄市)/

NAPOLEON STEREOTYPE(福岡市)/boy goes(福岡市)

 

そして!今回スペシャルゲストには、

大分県、福岡県を中心に活動中!

シンガーソングライターの中島春香さんが登場!

0302.jpg

中島春香さんは、全国声楽高校生部門の金メダリストでもあり、

その透き通った歌声と感情豊かなトーンで聴く人の心を引き込みます!

また、YAMAHA主催のミュージックレボリューションでは、

二年連続地区大会グランプリを獲得さている、実力派のアーティストです!

 

またイベント当日は、会場内にて飲食販売も行われます!

九州まちづくり音楽祭、2回目の開催地となった

福岡県うきは市で生まれた人気メニュー、

「うきはおでん」が、なななんと!今回多久市でご堪能いただけます!

ぜひ!味わってくださいね~!

 

さ!そんな音楽と食で「あいぱれっと」を彩る

第5回九州まちづくり音楽祭」。

改めて開催日時は、

今週末12月3日土曜日、午前10時開演、午後8時終了予定!

場所は多久駅直結施設の多久市まちづくり交流センターあいぱれっと。

入場は無料です

詳しくは、第5回九州まちづくり音楽祭 実行委員長

興梠(こうろき)逸郎(いつろう)さんの携帯電話

090-9079-1845 までお問い合わせください!

または、FBページ「第5回九州まちづくり音楽祭」 をご覧ください!

 

九州地方整備局に働く音楽愛好家の手作りライブ。

さっ!みなさん!今週末は飲んで歌って踊れる、大人の音楽祭へ是非!

足を運んでみていかがでしょうか?