スタッフブログ

HOME > Staff blog > Hello! 多久 > 【冨永ボンドのまるメガネ 多久市アートフェス】

Staff blogスタッフブログ

【冨永ボンドのまるメガネ 多久市アートフェス】

2016年05月16日

さて、2回目の放送となりました「冨永ボンドのまるメガネ」!

このコーナーでは、多久市を拠点に木工用ボンドで画を描く世界で唯一の画家、

冨永ボンドさんと毎回トークテーマを設けて、冨永ボンドさんのトレードマークである

IMG_7874.jpg

丸メガネを通し、ボンドアーティストならではのお話を伺っていこう!

というコーナーです。

 

今回のトークテーマは、多久市アートフェス」。

8d6cd6ea7ba04132794682c3645af6e7.jpg

 

今回は特別ゲストに、多久市アートフェス主催の

エノグアートプロジェクト代表 甲斐藍子さんをお迎えしましたよ! 

IMG_0103.jpg

 

 

「エノグアートプロジェクト」とは、

前回の「冨永ボンドのまるメガネ」でもご紹介しました、

多久市ウォールアートプロジェクト」を実行している組織なんです!

「多久をアートのまちにしたい!」

そんな想いを持った甲斐藍子さん、富永ボンドさんらが所属する

アーティスト集団なんです!!

 

そんなエノグアートプロジェクトがお届けする「多久市アートフェス」!

「アートを身近に感じてほしい!」という目的で、

なんと昨日15日(日)から会場となっている多久駅直結施設の

多久市まちづくり交流センターあいぱれっとにて開催されています!

期間は今週土曜日5月21日まで、

時間は午前10時から午後5時までとなっています!

入場は無料です!

 

総勢40名を超える作家のみなさんが多久に集結し、

分野の垣根を越えた芸術展となっています!

作品数としてはおよそ120点を超え、

絵画、陶芸、染色、書、写真、現代アートと、

13245479_1051895534859478_7179377258556072809_n.jpg

ここまでの多ジャンルが一堂に集結するというのはとても貴重なことなんです!

1ee6a9480eecaa6b8eda998502d5b933.jpg

エノグアートプロジェクト代表の甲斐藍子さんは、

同じ空間にこんな多種多様な作品が並ぶのは、

とても珍しい事だと思います。だから、そこが面白いんじゃないかなと思います。

会場のあいぱれっとで、分野の垣根を越えて

“虹”のように混ざり合えばいいなと思っています。

 

 

作家のみなさんが“絵の具”となり、あいぱれっと、“パレット”

「分野の垣根を越えた多種多様な作品」で彩る1週間!

「アートのまち、多久」にしか成せない

お洒落で楽しいアートなまちづくりを体感してください。

さぁ、多久のアートを探しに行きましょう!

 

詳しいお問い合わせ先は、一般社団法人たく21 TEL0952-20-2203

または、あいぱれっとのHPをご覧ください!

 

そして今月末からなんと!

冨永ボンドさんは芸術の都フランス・パリのアートフェスへ単独ブースを出展されます!

す、す、すごい!!!!!

次回の「富永ボンドのまるメガネ」では、

そんなパリでの土産話を楽しみにしときましょうね!