スタッフブログ

HOME > Staff blog > 2015年9月アーカイブ

Staff blogスタッフブログ

【乾杯プロジェクトin多久】

みなんさ10月1日って何の日かご存知ですか?   はい!10月1日は、「日本酒の日」でございます! これは全国酒造組合中央会が1978年、昭和53年に、 若者の日本酒離れを食い止める為に制定されたそうです! さらに新米で酒造りを始めるのが10月で、 酒壺を表す「酉(とり)」の字は 十二支の10番目、さらにかつては「酒造年度」が10月1日から始っていたことか…

☆オール有田を堪能!【400年有田の魅力展】☆

国内主要都市百貨店で有田焼の伝統と魅力を一堂に集めた ◆400年有田の魅力展◆ が開催されます!! 詳しい内容を魅力展を取り仕切る実行委員会委員長を務める 深川製磁(株)代表取締役社長:深川一太さんに伺いました!! ◆◆◆400年有田の魅力展◆◆◆ ◆有田400年の歴史展示◆ 江戸時代から現代に至る「各時代のヒット商品」約100点を特別展示。 ◆有田焼工房再現…

☆松浦党有田氏居城【唐船城築城800年祭】☆

2018年に迎える 松浦党有田氏居城【唐船城築城800年祭】を 地元有志で盛り上げようと 唐船城下・仕掛隊 三ッ星館 が設立! 9月7日(月)、旧やまだに保育園にて記者発表が開催されました。 唐船城下・仕掛隊 三ッ星館:藤泰治隊長 からのメンバー紹介 これまでの経緯説明、今後の事業計画などが行われました。 2018年に松浦…

【ちょっといい田舎暮らしプロジェクト 第1回多久フェス】

みなさん、シルバーウィーク、いかがお過ごしでしょうか? 今回の「おでかけ多久マップ」は、 まだ予定が未定というあなたにタイムリーでおススメのイベントをご紹介しました! そのイベントというのが、明日、22日、火曜日に行われる、 多久から発信!ちょっといい田舎暮らしプロジェクト! 「第1回多久フェス」です! 多久の魅力がぎっしり詰まったこのイベント 「第1回多久フ…

【永井さん家のからあげ】

今回の「たくさんグルメ」は、 北多久町、国道203号線沿いに今年の6月にオープンした 「永井さん家のからあげ」をご紹介しました! この「永井さん家のからあげ」は、元々、多久町でスーパーマーケット、仕出し屋の 「永井ストア」としておよそ30年前から営んでいらっしゃいました! 今から4年ほど前にお店をたたまれて、今年の6月に多久で長く愛された 「永井ストア」のからあげ…

☆トンバイ塀裏通り野外レストラン【DINING OUT ARITA】☆

◆◆◆DINING OUT◆◆◆ とは 食を通じて、地域にある自然・文化・歴史・地産物等を再発掘・再編集し 新たな価値として顕在化させ、地域経済の活性化を目指すプロジェクト。 時代を代表するトップシェフ&クリエーターと数か月にわたって地域に入り エッセンスを抽出。それを期間限定プレミアム野外レストランとして表現。 地元食材に新しい感覚を吹き込む料理と、その…

☆ぶら~り♪ありたさんぽ 【国見河畔公園&あじさい村】☆

有田町の歴史的な史跡や名所などのおススメスポットを 実際に巡ってご紹介する  ぶら~り♪ありたさんぽ  今回は有田町山本:国見峠にある  国見河畔公園  伊万里から佐世保に向かう国道498号の国見トンネル近くにあります。 取材に訪れた日は秋晴れ!! 標高500mにある国見河畔公園の展望台から望む景色は まさに絶景です!! …

*おぎんちゅプロジェクト* "第3回 男性会員ミーティング" 参加者募集編

  今年度「I♡OGI」は、「小城市」とタッグを組んで、 小城にゆかりのある男性を対象とした、恋応援企画【おぎんちゅプロジェクト】を立ち上げました! おぎんちゅ(小城人)が、小城の魅力を知ってもらうために、小城の地に女性を招き、「おもてなし」をするというもの。 アナタの恋を出会いからフルサポートします!!   このプロジェクトに参加する男性は・・・ …

*おぎんちゅプロジェクト* "第2回 おもてなし会" レポート編

  8月29日(土) おぎんちゅプロジェクト【第2回 おもてなし会】 開催しましたっ!!! 今回のテーマは・・・浴衣de蔵コン 小柳酒造 高砂本蔵で行いました★ プランは・・・ ・小城の食材てんこ盛り!絶品流しそうめん ・蔵 de ビアガーデン ・「おぎアマチュア音楽祭」のレーザーショー観賞 ・小城の名産品が当たるゲーム ほか レクレー…

多久市のおススメ住宅団地(*´(▼)`*)

  はろはろん♬ 今日もラジオをお聴きいただき ありがとうございます(*^^*)   今回のしおり突撃隊は 池ちゃんからの指令を受け 多久市の住宅情報を リサーチしてきました(`・ω・ゞ)!   住宅情報ってどうしたらいいの… と困っていたしおりんを お助けくださったのは… …