スタッフブログ

HOME > Staff blog > Hello! 多久 > 二千年の時を超えて...

Staff blogスタッフブログ

二千年の時を超えて...

2014年06月30日

 

はろはろん♪

今日の放送お聴きいただけましたでしょうか(○^×^○)?

今回の「しおりにおまかせっ!」は

ずっと見守ってきた「二千年ハス」の観察会にお邪魔しました!!!

st006.jpg

今回の観察会では、講話もありました。

今回の講師は…

佐賀城本丸歴史館 前館長 杉谷昭さん(すぎたに あきらさん)[写真奥]

聖光寺ご住職 野中寛應さん(のなか かんおうさん)[写真前]

 

杉谷さんは、二千年ハスの歴史的な背景を

野中さんは、二千年ハスの育て方と特徴をお話ししてくださいましたよ♬

 

みなさんは、聖光寺の二千年ハスがどうやって多久まで来たか知ってますか?

昭和26年(1951年)に、千葉県の検見川で発掘されたハスの実が

島根県太田市へ贈られ、開花したものを荒神谷遺跡の博物館長 藤岡大拙先生が譲り受け

その実を杉谷さんが貰い受け、尾形教育長先生に預けられ

聖光寺のご住職の野中寛應さんに栽培を託されて、今に至るそうなんです!!

 

さて!!「二千年ハスとはなんぞや(*`□´*)/!!!」(2回目)という方

こちらが二千年ハスです✾

P1030062.jpg

鮮やかなピンクのかわいらしいハスです(*´艸`*)

このハスは千葉県の検見川の地下6メートルの泥炭層から

花園中学生生徒の西野真知子さんがハスの実を1個発見されました。

その後、2個の実を発掘して

年代を明確にするために、ハスの実・丸木舟の一部などを

シカゴ大学に年代分析鑑定を依頼しました。

その結果…なんと弥生時代(約2000年前)のものであることが判明したのです!!

弥生時代…歴史の教科書で見るあの弥生時代ですよ!!

歴史は苦手ですが…なんだかロマンを感じてしまいました(*´`*)

 

実はこのハスは「二千年ハス」の他に「大賀ハス」とも呼ばれているのですが

なぜかというと…

大賀博士という方がいらっしゃって、

その方が発見した3粒の発芽を試みたのです!!

そして、3粒のうち1粒の発芽に成功しました。

2000年も昔の植物が発芽したんですよ!!すごいですよね(*´`*)

『でも…なんで?2000年も前の植物なのに?』と思ったのは私だけではないはず!!

それは、多久二千年ハスを守る会 代表の大河内 義章さん[写真:左]が教えてくださいました。

st008.jpg

二千年ハスの種はとても固い殻に守られているので

2000年の時を超えて発芽することができたのでしょう。

なるほど(*○△○*)!!!二千年ハスの種の断面図を見せてもらったのですが

厚くて固かったですもの。

二千年ハスの種を発芽させるには、傷をつけないと出てこないんですって。

 

そして、もうひとつハスを見ることができるのですが

こちらが「舞妃蓮」です✾

st009.jpg

こちらもかわいらしいお花でしょう❤

舞妃蓮は、二千年ハスと王子ハスを掛け合わせてできたハスなんです。

ちなみに、王子ハスというのは、

今の天皇陛下が皇太子時代に渡米された時に

持って帰られて育てられたのが、王子ハスなのだそうですよ。

 

なぜ、『舞妃蓮』という名前の由来は

花弁が女性が優雅に舞っているように見えることから

美智子妃殿下の美しさを花の姿に写して『舞妃蓮』となったそうです(*´`*)

 

なるほど…インタビューに答えてくださった方もおっしゃってましたが

「美しいはずだ(*´`*)」

 

昨日のハスの様子をお見せいたしましょう(*uvu*)

昨日の観察会の時のハスはこんな感じでした。

↓二千年ハス↓

st001.jpg

散ってしまっているものもありましたが

まだ蕾もたくさんついていますので

7月中旬くらいまでは楽しめるのではないかということでした(*^^*)

 

st004.jpg

↑そしてこちらが舞妃蓮です↑

まだまだ蕾がいっぱいですよ♬

こちらは8月中旬くらいまで楽しめるのではないかとのことでした(*´`*)

 

そしてそして、聖光寺のハス池では、赤とんぼや糸とんぼなど

めずらしい虫たちも遊びに来ていますよ♪

IMG_1396.jpg

 

お話しをお花に戻しまして…

大河内さんに教えてもらったのですが

ハスは他の花と違って一輪いちりん咲く時期が違うので

みんなでぱっと咲いてぱっと散るわけではありません。

蕾から咲いて散るまで

花の一生をひとつの蓮池で観ることができます。

 

なんだか、そんなお話しを聞いていたら

神秘的で先に散ったお花がより儚く見えました…

 

今回講話をしてくださった

聖光寺のご住職は

「私たちが苦労して育てた分、みなさんに愛でて和んで頂ければ嬉しいですね」

とおっしゃられていました。

その言葉のとおり、今回参加されていた方にインタビューしたら

みなさん「ハスの花を見ていると幸せ」「極楽に行けそう」など

素敵なコメントをいただきました。

私は見守っていただけですが…

追いかけていたので、なんだか自分のことみたいで嬉しかったです(*^^*)

 

二千年ハスたちは、あなたが来てくださるのを待っていますよ✾

私もまた行こうっと(○´×`○)

 

ではでは、また来週お会いしましょうね♪