スタッフブログ

HOME > Staff blog > MY DEAR 神埼 > あなたは知っていますか?

Staff blogスタッフブログ

あなたは知っていますか?

2013年05月16日

 

ごきげんよう、さくやです。

今日はとっても大事なお話です。

私だって真面目な話できるんですからね!(笑)

 

みなさん、心肺蘇生の仕方やAEDの使い方、知っていますか?

知っているという方、もし自分が心肺蘇生をしなくてはいけない状況になったとき実際に行動に移せますか?

 

 

このご時世、どこで何が起こるかわかりません。

あなたの大切な家族、仲間などを助けるために、救急法を学ぼう、そんな講習会が本日5月15日神埼中央公民館で行われました。

 

主催は赤十字社佐賀県支部。

赤十字社は今月5月は「社員増強月間」。

赤十字に協力してくださっている方に活動内容を報告するとともに、新たな方に協力してもらおうという月間なんです。

その様々な取り組みの一つの講習会が「救急法実践講習会」なんです。

今回は神埼市役所の新人職員たちをはじめ、老若男女たくさんの方々が参加れていました。

__ 7.JPG

9グループに分かれて講習を行ったのですが、チームごとに色がある講習でした。

講師の先生方は2人の赤十字社社員と7人の特別な資格をもった佐賀県内に住むボランティアの方々です。

 

最初は心肺蘇生の仕方を習いました。

__ 5.JPG

最近では衛生面や血液感染を考えキューマスクというものがあるんだそう。

これがキューマスク。

__.JPG

空気が一方向にしか入らないような仕組みになっていて、傷病者から空気が抜けることや吐しゃ物、血液による感染を防げるんです。

もしキューマスクがない場合は、ハンカチなどで代用することもできますよ!

 

AEDの使い方も勉強しました。

__ 4.JPG

AED実は使用期限があるんだそう。皆さん、使用期限確認してみてください。

 

心肺蘇生とAEDをした結果傷病者が息を吹き返したら回復のポーズをとらせて救急車を待ちます。

__ 6.JPG

傷病者を横にして手をほほの下に置き片足を90度に曲げるこのポーズ、

体を横にするのはもし戻した時にのどに詰まらせないため。

下にタオルを敷いてあげると傷病者も楽になるようですよ!

もしこの体勢のときに息が止まったらもう一度心肺蘇生をすること!

 

そして異物をのどに詰まらせた場合の対応法も学びました。

肩甲骨の間を強くたたく方法(かなりのどにくるみたいです。)や

__ 1.JPG

__ 2.JPG

胃を圧迫する方法(こっちは上の方法をやってもダメな場合だけやってくださいだそうです。場合によっては内臓を損傷してしまうことも…)。

__ 3.JPG

軽く(ほんとにやると危険なので)体験しただけでも「圧迫されて苦しいー」と言っている方が結構いました。

あそびでやらないでね!

 

***************

今回の講習会、聞くだけでもかなりの勉強になりましたから実際に参加されていた方はもっと勉強になったはず。

みなさん、もう一度、救急法の大切さ勉強しなおしてみませんか?

 

 

☆さくや☆