スタッフブログ

HOME > Staff blog > Hello! 多久 > このブログをご覧になすって…。

Staff blogスタッフブログ

このブログをご覧になすって…。

2012年07月27日

なすて毎日こんなに暑いんでしょう…(´Д`;)
この暑さで溶けてしまいそうな宿里由布子でございまする。



今日は、収穫の時期を迎えた
多久の伝統野菜「桐岡なす」をご紹介☆☆


きれいな、そして巾着のように丸々としています◎
甘みがあるのも特徴です。



お花もきれいな薄紫です。


以前から、多久市多久町の桐岡地区で作られていたため、
桐岡なすと呼ばれていました。


しかし、以前からの生産者の方が亡くなられ、
西多久町の船津忠伸さんがその思いを受け継いでいます。


現在多久市におよそ1600本の桐岡なすが栽培されてるそうです!!
(そのうち400本は船津さんが栽培。)


自然豊かな多久で作られた伝統野菜、
果たして、そのお味は…?


 
今回は船津さん特製の肉味噌で頂きます!!


油をひいた鉄板の上に、
縦に2分の1に切った桐岡なす
を並べて焼いていきます。


※ちなみに船津さんは、「ふるさと料理人」
という肩書を持っているそうです…。






できあがりはこんな感じ☆☆

食感はふわふわ♪
噛んだ瞬間、なすの水分と甘みが
じゅわ~っと口の中に広がります!!

肉味噌との相性抜群!!

こんななす食べたことない!!




他のレシピもご紹介♪




こちらは、厚さ2センチくらいの輪切りにして、
ケチャップとベーコンとチーズをのせた
ピザ風のイタリア~ンな桐岡なす☆


和風だけじゃない…
イタリアンもイケる…!!







お次は、同じく輪切りなすの上に、
マヨネーズとけずりぶしと青じそをのせた
お好み焼き風の桐岡なす☆


マヨラーにはたまらん!!





輪切りの際は、周囲に切りこみを入れると
皮が切れやすく、食べやすいそうです!!

ポリフェノールたっぷりなので、ぜひ皮ごと
召❤し❤あ❤が❤れ❤



霜が降りる頃までできるとのことなので、
多久の農産物直売所「幡船の里」もしくは「たくさん館」
ぜひお求め下さい☆☆