スタッフブログ

HOME > Staff blog > I ♥ OGI > ドリフトはしませんが・・・牛津

Staff blogスタッフブログ

ドリフトはしませんが・・・牛津

2012年07月25日

☆  牛津町にある老舗・西村豆腐店にお邪魔しました。
☆  ご存知の通り、とうふ屋さんの朝は早い!時間を追ってレポートしますネ☆

【AM03:22】
2時ごろから始まった作業は、すでに中盤にさしかかっていました。
大きな圧力釜で圧縮された大豆が、豆乳とおからに分かれて
機械から絞り出されてきます。工業高校卒で、長く機械や電機製作に
関わる仕事をされてきた二代目・西村 三(しげる)さんが
改造したり、手作りしたマシンが整然と並びます。
40℃を越える熱気の中、奥様・政子さんと二人三脚の作業です。


☆                                                         【AM03:50】

昭和30年ごろ創業という西村豆腐店は、時代に流されず
文字通り「昔ながら」の製法・素材にこだわり続けています。
手間や時間、コストはかかりますが、大量生産品にはない
素朴で安心・安全なおいしいいとうふ類が根強い人気です。
県内外の色々なメーカー・店舗の商品を食べ歩き、研究し
さらに自分で食べたいと思えるような、納得したものしか
お客様には出さない。その為にはどんな苦労もいとわない。
仕事に対して誠実で努力家のご主人・西村さんの手によって
<芸術品>とも言える製品が毎日産みだされています。
シャフトの先に付いたオモリの重力によって、じわりじわりと
おとうふの水分を抜いていくマシン。かなりの年代モノですが
メカ好きなご主人によって、キレイに整備され、現役で働き続けています。
「大豆と水とにがり」というシンプルな構成の豆腐作りには
こんなシンプルで長持ちする道具がベストなのかも知れませんね。



【AM04:12】
こだわり抜いた製品たちですが、お値段は<超>庶民的!
豆腐(絹・木綿)/揚げ豆腐/おぼろ豆腐/がんもどき・・・120円
ごま豆腐/ささゆき・・・140円
手前は、イソフラボンが最近話題の「豆腐せっけん」・・・300円。
どれくらい効果があるかは、ぜひ店頭で奥様のお肌を
アナタの目でお確かめください!



【AM05:17】 おおかたの作業を終え、お店の外に出てみますと
東の空が白み始めていました。おや?ボンネットが黒くない!(笑)
このクルマで、牛津~芦刈町方面に移動販売も行っています。
安全で美味しい西村さんの商品は、牛津町の工場兼店舗でも
直接購入できます。営業時間は午前6時ごろから完売まで。
アツアツ揚げたての厚揚げを求めて、4時(!)に来られる
常連さんもいらっしゃるとか。。。 定休日は毎週月曜日です。
また、牛津町のアイルの物販コーナーでも買うことができます。
木曜日限定で、芦刈産の大豆を使った製品が並ぶということで
その時にあわせて行ってみるというのもイイかもです。

西村豆腐店 牛津町牛津889-1
TEL 0952-66-0847