スタッフブログ

HOME > Staff blog > SKUNK SHOT BOOSTERのBACKSTAGE PASS > 石焼きビビンバクッキング選手権!!

Staff blogスタッフブログ

石焼きビビンバクッキング選手権!!

2011年03月10日

モラージュ佐賀北館1階東側、フードコートにある『石焼きKitchen』さんにおじゃましました。

韓国料理の定番「石焼きビビンバ」と、ハワイの「ロコモコ」のお店。
それぞれトッピングなど沢山の種類があって、どれにしようか迷っちゃう☆

そんな『石焼きKitchen』さんで、スカンクのメンバーがビビンバ作りに挑戦!

題して
『愛情たっぷりでアッチッチ☆3人で石焼きビビンバクッキング選手権!!』

3人で協力して一つのビビンバを作るということで
『スカンクさんいらっしゃい』としては初めての共同作業?
愛が試されますのでがんばって。


指導と判定は

気のいいイケメン店長、原さんにお願いします。



じゃ、早速調理に入りましょうか!
はじめの工程を担当するのはマコト。

マコト「ボクはドラムということもあり、はじめの、石鍋を火にかけてご飯盛りつけるとこまでやります」


「(見た目)目立たなくてもがんばるってこと?」と言ったら、食い気味に否定されました。
しっかりした土台をつくる、という意味なんだって。
あー、そっちね☆


まず石の器を直火であっためながら、ご飯を180g計ります。

マコト「一発で180gにします!!」

(※画像は事前試食時のもの)

またまたー☆と思ってたら、ホントに一発でほぼ180gに!!
なにげにすごい。
そういう免許とかあればいいのにね。
ごはんよそい2級、とかさ。


さて、
マコトのごま油塗りっぷり、ごはん盛りっぷりはどうですか?

原店長「腰が引けてますね。あと、ごはんの入れ方が逆さまです。」

じゃ、ごはんよそい3級に降格。



続いて、オッキーが担当するのが具の盛りつけ

「飾りだけ。飾りだけは自信があります!!」


ここでは5種類の具を盛りつけるんですが、ポイントは?

原店長「11時です。」

“11時方向から反時計回りに置いていく”との事。
1時から時計回りにいってしまうと何かとても恐ろしいことが起きます。
たぶん。きっと。
袖がよごれるとか。


オッキー 「この具は何ですか?」

原店長 「青菜です」

オッキー 「みずみずしいですよ!ラジオじゃ伝わらないけど!」

そこ伝えてください

オッキー 青いなぁ

緑です。



仕上げをするのがエイキ。
玉子のっけ担当。

エイキ「ボクくらいになると片手で割ります」


“カッ・・・カッカッ・・・・メリメリ・・・”

そして、なんともいえず無力な感じで具の中心からすべり落ちる玉子。

うわぁ、地味


エイキ「出来た!!!」

エイキ「あくまで・・・あ、醤油ありがとうございます。あの、あくまでオリジナリティを。玉子の気持ち考えろ!みたいな?たまには、あ、すみませんコチュジャンありがとうございます。あ!何もしてねえ!!あはは☆できた!できました!!」

うん。
君のコメント中に原さんが作ってくれたからね。


原店長「最後の玉子が惜しかったですね。」

その後は“惜しい”の範疇越えてましたからね。



さて、ドキドキ総合評価のお時間です。
まずは見た目。

原店長「星2つ!!☆☆★★★」 


つづいて味。

原店長「あ、美味しいです!味は美味しいです!!星5つ!!☆☆☆☆☆」

おおお~!!!!

って、よく考えたら味付けはほぼ店長がやってくれたんでした。



では、総合評価お願いします。
スカンクビビンバは星いくつ頂けますか!?

原店長 「心意気で、星4つ!!☆☆☆☆★」


一同 「やっさしーい(涙)!!!!」


余談ですが、店長独身だそうですよ。
今がチャンス☆←何の?


お店付近はおこげやごま油の香ばしい香りが漂い
笑顔の店長、そして若いスタッフの皆さんが元気に迎えてくれます。

あなたも、お腹をすかせてGO!!!


『石焼きKitchen』のみなさん、ありがとうございました!




SKUNK SHOT BOOSTERのHPはコチラ

※携帯電話からは「スカンクショットブースター」で検索してね