スタッフブログ

HOME > Staff blog > Hello! 多久 > 専称寺でまったり☆

Staff blogスタッフブログ

専称寺でまったり☆

2011年02月28日

皆様ご機嫌いかが?多久大好きクイーン・タクリベスです☆
今回も多久の素敵なスポットをご紹介いたします。

県道25号線沿い、多久市立病院前にある専称寺は浄土宗の寺院。
はじめは現在の南多久町に建立され、建久2年(1191)、多久太郎宗直が上多久の梶峰山に城を築いた際に、現在の場所に移ったと伝えられております。

門をくぐると何だか違う世界に来たかのような感覚に・・・・





趣のある庭。
歴史を感じさせる建物、その周囲を緑が包みます。












墓地内には皇后陛下の母方の実家である副島家の代々のお墓のほか、多久ゆかりの方々のお墓がございます。

また境内の中央には皇后陛下のおじい様が寄付された大きな燈籠もございます。

広い境内をゆっくり歩いて回るのもおススメですわ。




そしてこちらが「核割れ梅」の伝説のある梅の木。

戦国時代の大名小弐政資にまつわる伝説が残っております。
小弐は大内勢に敗れ、専称寺の境内で切腹をし、その時に腰の袋から梅干しを取り出し、かみ砕いた核(種の核)を地に叩きつけたそう。
翌年の春、不思議にも梅の若芽が芽吹き、成長。
初夏には青い梅を付けたけれど、梅の実には初めから核が割れているものも混じっていて、いつの頃からか「核割れ梅(さねわれうめ)」と呼ばれるようになったんですって。

地元の皆さんは「たね割れ梅」とも言うそうよ。

さらに境内の中庭には大きなツツジ。


樹齢600ともいわれるこの大ツツジ
6月頃に真っ赤に色づくのだそうですわ。

こちらも楽しみですわね♪

専称寺は県道25号線、多久市立病院前にございます。
ぜひ、お出かけくださいませ☆



♪イベントのご案内♪

「むらの音楽祭”むらおん”」

日時
3月5日 ㈯ 午後6時30分開演

出演
弓削田健介と多久ミュージカルカンパニーの仲間達

場所
専称寺

入場料
500円

※当日は専称寺ギャラリー三蔵堂にて午後2時から「多久市民大学・ゆい工房」講座修了式、寒鶯亭とゆい工房作品展示も行われます。