スタッフブログ

HOME > Staff blog > Hello! 多久 > 出初め式

Staff blogスタッフブログ

出初め式

2011年01月12日

今週の多久市報ボイスでは「多久市消防団出初め式」をお伝えしました。

1月9日午前8時前。
多久市ではみぞれ交じりの雪が降りしきる中 、消防団出初め式が始まります。

煙火が打ち上げられ、会場には荘厳なファンファーレが響き渡ります!



早速始まったのが、機械器具の点検。


万全の設備もいざという時に故障があってはどうしようもありません・・・。
勇ましい声と共に、確認が進んでいきます。





消防団の分列行進です!

各地区、全団員が多久消防署から多久郵便局までを練り歩きます。

寒さに震え縮こまっていた自分が情けなくなるほど、団員の皆さんの姿は威風堂々としていました。

さすがファイアーマン!ちょっとやそっとの寒さには負けません!!


その後、多久市中央公民館では式典が開催されます。
横尾市長は式辞で
「南米チリの鉱山での救出劇は本当に不可能と思えるものを、力を寄せて救出が叶いました。
私たちも心を寄せ、力を寄せ、困難に直面し、ひるまず互いに解決のために力を尽くしていきましょう」
と話されました。

それから緑が丘小学校の子どもによる「少年消防クラブ」が演奏(写真左)を、なごみ保育園による「幼年消防クラブ」が太鼓遊戯(写真右)を披露!式典に華を添えます☆
















フィナーレは、東多久町の大井出橋でおよそ10台の消防車による一斉放水!

放水の瞬間、関係者と見物客から歓声が上がりました(^∇^)




そして、今週のお出かけ多久マップ「新年の集い」でもご紹介した女性消防団の皆さんです!


多久の女性消防団は火災の際、現場に駆けつけます。

任務は「被災者の方のメンタルサポート」

被災後にPTSDなどの症状で悩まれる方も少なくありません。

団員の皆さんのその素敵な笑顔で、これからも被災者の方々の支えになっていくのでしょう(*^ワ^*)