スタッフブログ

HOME > Staff blog > SKUNK SHOT BOOSTERのBACKSTAGE PASS > テイスティング選手権!

Staff blogスタッフブログ

テイスティング選手権!

2010年01月11日

モラージュ佐賀 北館1階中央の『TULLY’S COFFEE』さんにお邪魔しました!

最高級の豆だけを使ったおいしいコーヒーのお店。
ラテやカプチーノの他、季節ごとのメニューなど約30種類のドリンクに加え
スイーツやホットサンドなどのフードメニューも豊富!
うーん、困る♪←優柔不断

今回は『違いがわかる男のテイスティング選手権!』開催。
タリーズコーヒーのスペシャルな一杯をテイスティング。
甘さ・苦味・酸味を判断し、そこから銘柄を当ててもらいます。
うーん、無謀!

それではテイスティング、スタート! 

ズズズ・・・
「あ、おいしい☆」
ほがらかなコメントありがと。

お話を伺った、マネージャーの松尾さん。

おおらかな気持ちで判定よろしくお願いします。 



まずはエイキ
「違いがわかる男を出して見せます。」
 
「青い感じが大好きです!」 
「銘柄は『エメラルドマウンテン』!!」

まず「決め手」と「決まり手」の違いを確認しましょう。 



続いてマコト
「缶コーヒーと淹れたコーヒーの違いはわかります」
  
「酸味と苦みが両方うまくある気がする」 
「銘柄は『サンサンニガイージャ』

あとはネーミングセンスの問題です。 



変わってオッキー
「豆には厳しい男です」
 
「人生に近い苦みがあるので、銘柄は『苦い豆』

さすが厳しい男。いろんな意味で。 



最後にノリック
「タリーズの申し子として頑張ります。」
 
「酸味が強いので『コロンビア』じゃないかと。」

えええッ!?なんかソレっぽい答え(驚)!
申し子かどうかは別として、頻繁に出没してるだけのことはあります。


正解は『バンビーノブレンド』
ということで、全員不正解だったんですが
なんとノリックが書いた「コロンビア」は同じ仲間!
おおお!なんかちょっとカッコイイっぽい気がする!

こんなだけど
 
↑眼鏡が曇っているが、他の押しが強すぎて伝わらない。

ちなみに、酸味や苦みの判断は
「甘さ」のポイントがもうちょい高ければ、マコトのコメントが一番近いとの事。

やっぱりあとはネーミングセンスの問題か? 


この「バンビーノブレンド」はわりと甘さのある種類で、このままブラックで飲むのがオススメ。
売り上げの一部は、子どものための国際援助団体「セーブ・ザ・チルドレン」に寄付されるんだそうです。

それと、スカンク君たちは苦い苦い言ってましたが、おそらく「濃い」と感じたのだろうとの事。
それをテイスティング用語では
「イキイキとした味わいを楽しめるコーヒー」と表現するんだそうです。

いいこと聞きましたね。

タリーズコーヒーに行ってバンビーノブレンドを注文し
イキイキとしたうんぬん言ってれば何とかなりそうです。

 

公正な判定。
そしていろんな事を教えてくれた、違いがわかる店長松尾さん。

ギルバート「では最後にお店の連絡先を」
店長「ケータイですか?」

いやいやいやいや(汗) 


最後に店長のお茶目ぶりが露呈したところで

『TULLY’S COFFEE』の皆さん、ありがとうございました! 



SKUNK SHOT BOOSTERのHPはコチラ


※携帯電話からは「スカンクショットブースター」で検索してね♪